検診の重要性|直腸がんは現代医療で治せる時代になっている

がんは身近な病気

最も死亡率が高い第三位に浮上した直腸がんは、現代社会人が最も発症しやすい病だといわれています。原因をランキングで紹介しているので将来のためにぜひ参考にしてください。

直腸がんになりやすい生活

no.1

食事

野菜や魚というよりも、お腹が膨れる肉は子供や大人皆大好きです。特に脂っこいものは食欲を湧き立たせるでしょう。しかしタンパク質やカロリーが高い食事を毎日のように食べると、便の排出が困難になり、発がん性物質を効率よく外に出せなくなります。すると悪性腫瘍に変化してしまうのです。

no.2

たばこ

手持ち無沙汰で吸う人もいれば、一服するだけで気持ちが落ち着くなどの理由で吸う人が沢山います。中々やめられないのがネックですが吸わない人に比べると、内臓に大きな負担がかかっている状態なので直腸がんになりやすくなります。いつまでも健康体でいるために、少しずつ本数を減らす努力をしましょう。

no.3

肥満

女性よりは男性に言えることですが、肥満体型の人は、BMIの数値が高くなるため、26以上だと直腸がんのリスクがかなり上がります。また、デスクワークや普段運動をしない人も同様に、リスクが高まるため直腸がんを防ぐために、体を適度に動かすことが大切です。

検診の重要性

病院

早期発見に繋がる

直腸がんの脂肪率を上げる理由の一つに、検診率の低さが関係しています。近年は市町村が無料クーポン券を配送し、がん検診の呼びかけを強化していますが「忙しい」「面倒」という理由で後回しにされることが多くあります。初期の段階はまだ、上皮内に留まっているのでリンパ管がない以上転移の可能性は極めて低くなります。このタイミングを逃さないことが直腸がんを克服する近道になります。

生活指導が受けられる

直腸がんは主に生活習慣が原因であるため、検診の後の指導は医師から直接生活に関する指導を受けることができます。例えば、普段からたばこや乱れた食生活を送る人や、お酒が大好きな人は医師からアドバイスを元に生活改善へ努められるため受けていない人よりもリスクを大幅に下げることができます。

遺伝性のがんを発見できる

家族の中でがんになった人物がいる場合や、直腸がんの治療をした経験がある人は検診をマメに行なうことが重要です。特に治療歴があるなら再発の危険性も否めないため、医師が大丈夫と太鼓判を打っていても毎年受けるようにしましょう。転移に関しても早い段階で発見出来れば深刻な状況にはなりません。

広告募集中